ニート・フリーターが職歴なし・スキルなしでも就職できる年齢|ニート歴・無職期間が長ければ長いほど不利に

ニート就職の基礎知識
 
Percy
Percy

こんにちは!当サイトの管理人Percyです!

 

職歴なしのニート・フリーターがどのくらいの年齢まで就職できるか気になる人も多いと思います。

 

この記事では「職歴なし・スキルなしでもニートやフリーターが就職できる年齢」をお伝えしていきますね!

 

ニートやフリーター生活は楽ですよね。自分の好きなことをやりながら毎日を過ごす。働いて人間関係に悩んだり、好きでもないことに一日中拘束されるなんて考えられない。

 

できるだけ長くニート生活やフリーター生活をしていたい、、でも将来のことをかんがえるとこのままじゃダメなことはわかっている。

 

いつまでなら職歴なしのニートやフリーターが就職できるか知りたい、いつから就職を真剣に考え始めないといけないか、について説明していきます。

 

ニートやフリーターが職歴でも就職できるのは遅くとも30代までと心得よ

人材不足と言われている現在の日本でも、ニートやフリーターが正社員として就職するのはハードルが高いのが現状。

 

それでも20代であればまだまだ働き口があるのですが、30歳を超えると一気に就職の選択肢は狭まっていき、「40代職歴なし」になるとかなり就職は難しくなります

 

公的な就職支援サービス「サポステ」「ジョブカフェ」の支援対象は39歳まで

厚生労働省が若者の就労支援対策として地域若者サポートステーション(サポステ)若年者のためのワンストップサービスセンター(ジョブカフェ)を提供していますが、この支援対象年齢は「39歳」までと決まっています。

 

つまり、39歳までは国の手厚い支援を受けつつ就職活動をするチャンスがあるんですが、40代になると「一人で頑張ってね♩」と突き放されてしまうんです。言い換えれば、国も匙を投げる年齢が40代職歴なしと言えます。

 

20代までなら働き口はいくらでもある

「夢を追いかけるのに年齢は関係ない!」とよく言われますが、就職活動において「年齢」は最重要視される項目です。

 

20代までであれば、正直働き口はいっぱいあります。自分の興味のある職種・職業の数ある選択肢の中から仕事を選ぶことができます。

 

20代職歴なしの就職に詳しい人(=就職支援サービスのコンサルタント)にアドバイスを受けながら就職活動を進めていくことで、ある程度希望に沿った労働環境で働くことも可能です。

 

高齢ニート・中年フリーターの末路は悲惨

就職できる年齢を逃し続け、高齢ニートや中年フリーターになってしまった人の末路は悲惨です。

 

親に頼るしかなくなり、親がいなくなると今度は生活保護を受けながら生活をしていく必要があり「ただただ生きている状態」になるんです。

 

お金に余裕がないのでもちろん贅沢もできませんし、趣味に使えるお金もありません。老人ホームに入ることもできず、世話をしてくれる人もいないので、孤独死を待つしかないのです。

 

35歳以上の高齢中年ニート・フリーターの末路|ニートは絶対20代のうちに脱出した方が良いよ

 

ニート歴・無職期間が長ければ長いほど正社員就職が不利になる理由

そもそもなぜニート歴や無職期間が長くなると正社員就職が難しくなってしまうのでしょうか。それには以下の3つの理由が挙げられます。

ニート期間が長くなると就職に不利な理由

  1. 正社員として働くのが難しい理由があると思われてしまう
  2. 年上の部下は扱いづらいため
  3. 伸び代が少なくなってくるため

それぞれ一つずつ説明していきますね。

 

正社員として働くのが難しい理由があると思われてしまう

ニート歴や無職期間が長い人は、「働けないそれなりの理由」があると思われてしまうのが一番大きな要因です。

 

  • 働く気が無かった→採用してもすぐ辞めちゃうんじゃないか?
  • 人と関わるのが嫌だった→職場でも人間関係でもめてしまうんじゃないか?
  • 規則正しい生活が無理だった→遅刻や早退が多くなるんじゃないか?

 

こんな感じで、「なぜニート歴や無職期間が長かったのか?」ということに対して、あまりよくないイメージを持たれてしまうんです。

 

なので、履歴書の空白期間が長いというだけで書類選考に落とされてしまい、面接にすら辿り着けないということが圧倒的に多くなるのです。

 

年上の部下は扱いづらいため

一般的な日本企業は年功序列で運営されてきたことが多いので、年齢によってある程度役割が決まっているんです。

 

それに照らすと、30代後半であれば管理職や部下の育成が求められる年齢なんですね。しかし、30代後半で職歴がないニートやフリーターはいきなり管理職をするのは無理なので、20代がやるような仕事を割り当てざるを得ません

 

そうなると、年上の部下となることが多く、年下の上司はやりにくさを感じるので、「そもそも採用しない」ということに繋がるわけです。

 

伸び代が少なくなってくるため

企業はその企業のやり方に染められる20代を育成することで将来その投資を回収しようとします。

 

しかし、30代、40代となると、どうしても20代と比較して吸収力は衰えてしまいますし、物理的にも働ける年数は20代より確実に短いですよね。

 

なので、お金をかけて一から教えるモチベーションが湧かず、30代、40代をわざわざ採用して育成していこうという気になりません。

 

民間の就職支援サービスも20代まで

30代、40代のニート・フリーターが就職するのが難しい理由は、ここまで紹介してきた企業側の事情もありますが、もう一つ大きなポイントとして、民間の就職支援サービスを利用できなくなるということが挙げられます。

 

30代、40代のニート・フリーターは登録を断られることが多い

職歴なしのニートやフリーターを専門としている民間の就職支援サービスは、大体どこも20代までを対象とした支援サービスとなっています。

 

30代、40代でも学歴があったりキラリと光る経歴や特技があれば登録をすることができる場合もありますが、多くの場合は断られてしまいます。

 

民間の就職支援サービスもボランティアでやっているわけではありませんから、就職させやすい20代を徹底的にサポートしていくというスタンスなんですね。

 

民間の就職支援サービスを使えないデメリットは大きすぎる

この民間の就職支援サービスを使えないデメリットは正直言って大きすぎます。

 

私自身も就職支援サービスを利用して正社員就職したクチなので、就職支援サービスを使えないのは恐怖しかありません。

 

  • キャリアカウンセリング
  • 非公開案件からの求人紹介
  • 企業のホワイト・ブラック情報の提供
  • ビジネススキルをアップさせる講座
  • 応募書類の添削
  • 自己PRの作り方アドバイス
  • 面接対策
  • 面接のスケジュール調整
  • 給与交渉

ここまで手厚いサポートが受けられて、しかも無料という。。就職支援サービスを使わなかったら私はまだ就職せずニート生活を続けていたでしょうね。

 

人生を大きく変えるインパクトのあるサービスを利用できないデメリットはやはり大きすぎますね。

 

ニート・フリーター就職のプロのアドバイスを受けられるうちにニート・フリーターを脱出しよう

「ニートやフリーター就職のプロ」である就職支援サービスを受けられる20代のうちにニートやフリーターを脱出するのが賢い選択です。

 

「もう少しニート・フリーター生活をしてから働きたい」「まだ働くのが怖い」

 

わかります、その気持ち。でも30代、40代になってからでは遅いんです。その前に何とかした方が絶対良い、というのがニートの先輩である私が伝えたいことです。

 

ニート・既卒フリーターが本当に利用すべきおすすめ就職支援サービスランキング

 

将来に不安を感じているなら少しずつ就職の準備をしていこう

将来に漠然とした不安を抱えているけど、いきなり働き始めるのが怖い…という人は、少しずつ社会復帰の準備をするのも良いでしょう。

将来が不安な時の社会復帰の準備

  1. 就職支援サービスの無料講座に参加してビジネススキルを身に付けておく
  2. プログラミングスクールで手に職を付けておく
  3. 資格を取得して、将来の就職活動を有利に

具体的には上記の3つを提案します。

 

就職支援サービスの無料講座に参加してビジネススキルを身に付けておく

今すぐ働き始めるのは嫌だけど、現状は何か変えたいと思っている人は、ビジネススキルをアップさせる無料講座を受けてみるのも良いでしょう。

 

ビジネススキルはどの会社・仕事に就職するにしても必要となるものですし、講座を通して少しずつ人と関わりを持つのも立派な社会復帰の第一歩です。

 

JAIC(ジェイック)」や「就職Shop」など民間の就職支援サービスでは電話応対スキルを身につける講座やビジネスマナーを身につける講座を開いています。就職支援サービスに登録しておけば無料で講座を受けることができます。

 

JAIC(ジェイック)の登録はこちら

就職Shopの登録はこちら

 

プログラミングスクールで手に職を付けておく

最近人気が出てきているのが、プログラミングスクール。

 

プログラミングなんてやったことないよ…という人でも未経験から仕事で使えるレベルまで引き上げてくれるんです。

 

無料のプログラミングスクールでおすすめなのが「GEEK JOB」、有料でおすすめなのが「侍エンジニア塾」ですね。

 

GEEK JOBはどちらかといえば「就職支援付きのプログラミングスクール」で、プログラマーとして就職を考えている人におすすめ。

 

侍エンジニア塾は対面またはオンライン上で専属のインストラクターとマンツーマンで学習していき、就職までサポートしてくれるプログラミングスクールです。

希望に合わせてデザインなどをガチで勉強していきますので、IT企業に就職するのも良し、ゆくゆくは独立してフリーランスでやっていくのもいいなぁという人にもおすすめです。

無料体験レッスンではどんなプログラミング言語を学んでいけばいいのか?という初心者レベルでの質問にも優しく答えてくれるので、ノープランでも良いのでまずは相談してみるといいかもしれません。

 

GEEK JOBの無料体験はこちら

侍エンジニア塾の無料体験はこちら

 

資格の勉強をして、将来の就職活動を有利に

将来進むべき方向・どんな仕事に就きたいなぁというのがある程度見えている人であれば、関連する資格の勉強をしておくと、将来の就職活動の準備になります。

 

就職に必ずしも資格が必要というわけではありませんが、資格を持っていることで評価される職種はたくさんあります。

 

また、資格を取得することで自信につながり、この取得を活かして働きたいという気持ちになりますのでおすすめです。

 

ニートや既卒フリーターが勉強しておくと就職に有利になるおすすめの資格

 

ニート・フリーターが職歴なし・スキルなしでも就職できる年齢まとめ

この記事のまとめ

  • ニートやフリーターが職歴でも就職できるのは遅くとも30代まで
    • 公的な就職支援サービス「サポステ」「ジョブカフェ」の支援対象は39歳まで
    • 20代までなら幅広い選択肢から働き口はいくらでもある
    • 高齢ニート・中年フリーターの末路は悲惨
  • ニート歴・無職期間が長ければ長いほど正社員就職が不利になる理由
    • 正社員として働くのが難しい理由があると思われてしまう
    • 年上の部下は扱いづらいため
    • 伸び代が少なくなってくるため
  • 民間の就職支援サービスも20代まで
    • 30代、40代のニート・フリーターは登録を断られることが多い
    • 民間の就職支援サービスを使えないデメリットは大きすぎる
    • ニート・フリーター就職のプロのアドバイスを受けられるうちにニート・フリーターを脱出しよう
  • 将来に不安を感じているなら少しずつ就職の準備をしていこう
    • 就職支援サービスの無料講座に参加してビジネススキルを身に付けておく
    • プログラミングスクールで手に職を付けておく
    • 資格の勉強をして、将来の就職活動を有利に

何歳までであれば職歴なしのニート・フリーターでも就職できるのかということに正解はもちろんないのですが、年齢が上がれば上がるほど就職が難しくなるのは紛れも無い事実。

 

「将来が不安」

「現状このままだとヤバい」

 

その気持ちを持っているうちに就職活動の準備を始めておくことをお勧めします。

 

今は働く勇気が出ないかもしれませんが、できることから一歩ずつ進めていきましょう。亀の歩みでも確実に社会復帰へ近づいていますよ!