社会経験が少ないニート・半ニートの既卒フリーターにおすすめのアルバイト|工場バイト(期間工)やリゾートバイトの短期バイトで自信を付け正社員の就職活動に移ろう

社会復帰のための準備
Percy
Percy

こんにちは!当サイトの管理人Percyです!

 

社会復帰の第一歩として、「いきなり就職はちょっと…」という人は、アルバイトから働き始めることも一つの手。

 

この記事では「社会人経験の少ないニート・フリーターが経験を積むためにおすすめのアルバイト」をお伝えしていきますね!

Contents

「とりあえずバイトから始めよう」は基本的におすすめしない

最初に言っておきますが、僕の経験則からいうと正社員として働く気があるけど、職歴や社会経験が少ないから「とりあえずバイトから始めよう」と思っているニート・フリーターにバイトはおすすめしません

それであれば最初から正社員として就職できるように就職活動を進めていった方が断然良いです。後で話そうと思いますが、待遇の差が歴然としていますからね。

一方で、社会復帰の第一歩としてリハビリとしてどうしてもバイトから始めたいという人もいると思います。そうであるなら短期で完結するバイトを選んでサクッと社会復帰のキッカケを作ってサッサと正社員として就職しましょう。

まずは、ニートやフリーターが選ぶべきバイトのポイントとそのポイントを満たしたおすすめのバイトを紹介していきます。

ニートや既卒フリーターがアルバイトを選ぶポイント

ニートや半ニートのフリーターがアルバイトをする目的。それは、

社会復帰のための自信を付けること

これしかありません。なのでバイトを選ぶ際の基準も、この目的を達成できるかどうかで決めていくのが良いんです。

ニートがバイトを選ぶポイント

  • 短期で完結して簡単に辞められるバイト
  • 比較的簡単で精神的に楽なバイト

よく社会復帰するためにはキツイ仕事をしないといけないんだと無理して難易度が高い仕事を選んでしまう人がいますが、逆に簡単で気軽にできるバイトを選びましょう。

なぜなら、「自分でもできるんだ!」という自信をつけること、社会と関わりを持つことがバイトをする主目的だからです。

短期で完結して簡単に辞められるバイト

一定期間だけ働くことができ、気軽に辞めることができる短期バイトを選ぶようにしましょう。

コンビニバイトやスーパーのバイト、居酒屋のバイトなどは、一度採用されると「週○日勤務」というのを決めた上で、ある程度長い期間働くことが前提です。長く勤めるバイトは、ズルズルと社会復帰を遅らせる原因になるのでオススメしません。

短期バイトであれば、3ヶ月とか短い期間で区切って働くことができるので、働くことに慣れたらスパッと正社員での就職活動に切り替えることができます。

比較的簡単で精神的に楽なバイト

ニートや半ニートのフリーターがアルバイトをする目的は自信をつけることですから、難しかったり、キツかったり、嫌だなと思うような仕事を選ぶのは避けましょう。

  • 居酒屋やカフェなどリア充が多いバイト
  • 力仕事でチーム制の引っ越しバイト

このような辛いバイトを選んでしまうと、「やっぱり自分は働くの無理…しんどい。。」と逆に自信を喪失し、ニートやフリーターに戻ってしまうという結果になりかねません。

やることがシンプルで精神的に楽なバイトを選ぶようにしましょう。

ニートや半ニートの既卒フリーターが社会復帰するために本当におすすめできるアルバイト

工場バイト(期間工):人と接する機会が少なくヒキニートにおすすめ

工場バイト(期間工)って何するの?

「工場バイト」と聞くと永遠と肉体労働をするイメージがありますが、実はそうでもない職場も多くあります。

  • おもちゃや部品の加工や組み立て
  • 商品の梱包や仕分け
  • ケーキにイチゴをのせたり、パンに具材を挟んだりする食品の加工

重いものを運んだりするわけではなく、集中力があれば簡単にできる仕事もたくさんあるんです。

工場での働き方として「アルバイトとして工場で働く場合」と、「期間工という契約形態で工場と働く場合」の2パターンに分けることができます。

期間工は最長でも2年11ヶ月の契約社員となるもので、年収400万円以上稼ぐこともできますし、寮に入って働くのが一般的なので、お金を貯めたいニートやフリーターや精神を鍛え直したいという人におすすめです。

期間工から大手自動車メーカーの正社員を目指す、という方法もありますので、期間工に興味がある人は一度調べてみると良いでしょう。

ニート時代実際に私もやりましたが、結構ゲーム感覚でできるので楽しかったですよ!

工場バイト(期間工)がおすすめの理由

工場バイトがニートにおすすめな理由は以下の通りです。

工場バイトがニートにおすすめな理由

  • 人とコミュニケーションを取らなくてもOK
  • 単調な作業なので一度覚えると仕事が楽
  • 深夜勤務もあるので夜型生活の人でも大丈夫
  • 働きたい時だけ働くことができる

僕が工場バイトで一番良いと考えるのが、「人とコミュニケーションを積極的に摂る必要がない」ところです。

仕事を教えてくれる先輩や、前後のラインの人と仕事に関する最低限の話をすれば良く、引きこもりのニートが社会復帰の一歩とするのに最適なんです。

また深夜勤務なら高い時給も期待できますので、「自分でもこんなお金が稼げるんだ」という自信にもつながります。

工場バイト(期間工)は「工場ワークス」で探すと自分に合ったバイトが見つかるよ!

工場バイトを探すなら「工場ワークス」というサイトで探しましょう。

なぜなら、工場バイトを掲載しているサイトはたくさんある中で、工場ワークスほど細かくバイト内容や勤務体系などを検索できるところはないからです。

自分のこだわり条件に合った工場バイトが見つかりやすい。これは「働く」ということに不安を持っているニートにとって大きな安心材料です。

どんな仕事でどんな働き方をするかをいきなり面接の場で言われるとテンパってしまいますが、事前に知っていればその不安感は解消されます。

 

工場ワークスで短期バイトを探す

 

リゾートバイト:一人暮らしを体験しつつお金も稼ぎたいニート・フリーターにおすすめ

リゾートバイトって何するの?

リゾートバイトというと、「南の島で浜辺でキャピキャピ働くリア充たちの仕事」というイメージがあるかもしれませんが、実は全くそんなことはありません。

ただ場所が全国各地に存在するだけで、やることは接客業務・裏方業務・調理業務と普通のアルバイトとなんら変わりがありません。裏方業務では皿洗いや客室清掃・館内清掃など地味な仕事も多くあります。

また、働く場所も浜辺やレジャー施設といったリア充じゃないと行けない場所だけでなく、旅館やスキー場など比較的落ち着いた場所での勤務もできます。

リゾートバイトがニートにおすすめな理由

リゾートバイトがニートにおすすめな理由としては以下のものが挙げられます。

リゾートバイトがニートにおすすめな理由

  • 裏方業務を選べば、人とあまり関わらず仕事ができる
  • 繁忙期を避ければまったりと働くことができる
  • 短期のリゾバほど業務内容が簡単になる
  • 勤務地近くの寮に住み込みながら働くことで一人暮らしの練習になる

ニートにリゾートバイトはハードルが高そうと感じるかもしれませんが全然そんなことはありません。

特に自立したと考えているニートにとっては、個室の寮が付いているバイトを選べば、「一人暮らしを体験しつつ仕事をする」という練習にもなります

リゾートバイトを探すなら「リゾートバイト.com」が良い

リゾートバイトを探す時は、リゾートバイト求人に特化した「リゾートバイト.com」で探しましょう。

リゾートバイト専門のサイトはいくつかありますが、この「リゾートバイト.com」が一番大手であり、求人数が多いのと時給設定も他のサイト経由より高くなる傾向があります。

せっかくリゾートバイトをするなら、稼げた方がいいに決まってますよね。まずはどんな仕事内容の求人があるのかだけでも見てみてくださいね!

 

リゾートバイト.comで短期バイトを探す

 

バイトの面接が不安なニートやフリーター(半ニート)が気をつけること

ニートやフリーターはあまり面接に慣れていないので、どんなことに気をつければ良いのか不安に思うのも無理はありません。日常生活の中で、人と接する機会が少ないですからね。

バイト面接に気をつけること

  • 面接時の服装
  • 見た目の印象を良くする
  • 質問には大きな声でゆっくり回答する
  • 履歴書に嘘は書かない
  • 履歴書の空白期間に関する回答を準備しておく

面接時の服装=私服でOK

まず誰もが気になる服装ですが、アルバイトの面接であれば私服でOKです。とはいえ、Tシャツにジーパン、サンダルといったラフすぎる格好はNG。

どんなことでも第一印象というのは大切ですから、人に突っ込まれる可能性のある服装は控えましょう。

無難なのは、シャツにチノパンのようなちょっとおしゃれな場所に行くようなキレイ目なカジュアルです。

見た目の印象を良くする|清潔感がある髪型・ヒゲは剃っていった方が無難

服装とも関連するんですが、第一印象を良くするために意識したいのが「清潔感」

あまり社会で働いたことのない人ってことで、ただでさえ「どんな人なんだろう?」と怪訝な目で面接官は見てきます。

そんな中でヒゲがボーボー、髪の毛も長くてぐちゃぐちゃ、なんて人が面接に来たら「何かヤバそうな奴来たな…」と悪印象を与えますよね。

なので、面接前に髪の毛を切る、ヒゲを剃る、見た目でマイナスとならないようにするというのは最低限やってから面接に臨みましょう

質問にはなるべく大きな声でゆっくりと回答する

私もそうだったんですが、ニートや半ニートのフリーターはあまり人と話すことに慣れていないので、バイト面接と言えど極度の緊張に陥る可能性があります。

人は緊張すると早口になるもの。

できるだけ、落ち着いてゆっくりはっきり話すことを心がけましょう。ゆっくり話す心算で喋ると、緊張から早口になってしまうのでちょうど良いスピードになります。

履歴書に嘘は書かない

履歴書に書くことがない人がやってしまいがちなのが、履歴書に嘘の経歴を書くことですが、これは完全に経歴詐称なのでヤメましょう

面接中はテンパっていることも相まって、履歴書と違うことを口走る原因にもなります。そうなると受かるバイトも受からなくなってしまいます。

変に取り取り繕おうと考えるのではなく、ありのままの自分を話せば問題ありません。「所詮バイトの面接だ」くらいの強気の気持ちで臨んでOKです

履歴書の空白期間についての回答を準備しておく

ニートや半フリーターの人が面接を受けると必ず聞かれるのが、「履歴書の空白期間は何をしていたか?」ということ。

事前にこれに対する回答を考えておくと、面接がスムーズに進みますし、合格する可能性がグッと高まります。

ポイントは如何にマイナスの印象を与えないようにするか?ということ。もちろん嘘はいけませんが、

  • 資格試験の勉強をしていた
  • 家事を手伝っていた
  • 親の介護をしていた
  • 職業訓練を受けていた
  • ○○のアルバイトをしていた

など、自分が空白期間にやっていたポジティブなことを面接官に伝えるようにしましょう。

だらだらアルバイトをする位なら正社員就職が良いよ

ここまで、ニートやフリーターが社会復帰のキッカケとして自信をつけるためにおすすめのアルバイトと面接の受け方についてお伝えしてきました。

ただ私の経験上、あくまでアルバイトは短期間で自信を付けるのみで、正社員として働いた方が何十倍も良いと考えています。

だらだらとアルバイト生活を続けるよりは、ホワイトな職場で正社員になってしまった方が長い人生を考えた時に絶対にHappyです。

こちらの「ニート・フリーターが職歴なし・スキルなしでも就職できる年齢」という記事でも書きましたが、ズルズルと年を取るとどんどん正社員として働くのが難しくなっていきます。

将来後悔しないためにも「アルバイトではなく正社員として就職することをおすすめしている理由」をお伝えします。

アルバイトより正社員就職な理由

  1. アルバイトは正社員と比べて待遇が良くない
  2. アルバイトから正社員への道のりは簡単ではない
  3. アルバイト経験は就職活動で評価されないことも多々ある
  4. 気がつくとアルバイト生活から抜け出せない

1. アルバイトは正社員と比べて待遇が良くない

第一にアルバイトと正社員の待遇の差というのはやはり圧倒的です。

実際アルバイトと正社員で業務の大変さってさほど変わらないんですよ。にも関わらずアルバイトは安い時給制でボーナスも出ない、ブラックアルバイトと呼ばれるように正社員に良いように使い倒されるということも珍しくないわけです。

色々な手当も含めると、アルバイトと正社員で年収ベースで3倍くらいは違ってきます

高校生や大学生のお小遣い稼ぎであれば良いかもしれませんが、仕事内容と給料のバランスを考えた時にアルバイトはかなり損をしています。

2. アルバイトから正社員への道のりは簡単ではない

中にはアルバイトから正社員を目指すことを考えている人もいるでしょう。

確かに「正社員登用制度」というものがあってアルバイトから正社員に採用される道を用意している会社もあります。しかし、正社員登用制度って全てのアルバイトが正社員として登用される訳ではありません。

社員登用とは、アルバイトやパートなど、社員以外の雇用形態で働き始めた人を、その後の経験や実績に応じて契約社員や正社員として採用する制度のことです。「この制度があれば必ず契約社員・正社員になれる」というものではなく、「アルバイト・パートとして優秀で、社員として雇うに望ましければ取り立てる」というものです。つまり、採用時もですが、その後の勤務態度や業績などが大きなポイントになってきます。

タウンワーク

ポイントは「社員として雇うに望ましければ取り立てる」という点で、社員と同様の優秀な働きをして初めて正社員に登用される、しかも登用されるかどうかは会社次第ということも見逃せません。

アルバイトから正社員を狙っているけど、なかなか正社員に採用されないということも十分考えられ、正社員への道のりは簡単ではありません

アルバイトから正社員を目指しているニート・フリーターが知っておくべきリスクと伝えたいこと

3. アルバイト経験は就職活動で評価されないことも多々ある

アルバイト経験を積んでから正社員への就職活動を始めようという人に知っておいてもらいたいのが「アルバイト経験は就職活動で評価されにくい」ということです。

アルバイト経験はよほど長い経験があれば別ですが、一般的には職歴として扱ってくれません。

なので、いくらアルバイトで一生懸命頑張っても採用企業からの評価はそれほど得られないということも多くあります。

であればアルバイト経験を積むより、いきなり正社員就職を狙った方が時間も節約できて良いんじゃない?というのが私の持論です。

4. 気がつくとアルバイトから抜け出せない

アルバイト生活を続けていくと、シフトで自分の好きな時だけ働くという働き方が体に染み付いてしまい、アルバイト生活から抜け出せなくなります。

アルバイトを抜け出し正社員就職する方法|フリーターから抜け出せないと悩む人へ

そうなると、正社員として働くキッカケを失ってしまいます。アルバイト生活だけで一生を送れれば良いんですけど、結婚して家庭を持ったり、生活を援助してくれていた両親が亡くなったりするといずれアルバイトだけでは生活に行き詰まる時が来ます。

その時に後悔しても手遅れな場合が多いので、アルバイト生活はほどほどに正社員として就職する道を目指した方が良いです。

35歳以上の高齢中年ニート・フリーターの末路|ニートは絶対20代のうちに脱出した方が良いよ

社会経験が少ないニート・半ニートの既卒フリーターにおすすめのアルバイトまとめ

この記事のまとめ

  • ニートや既卒フリーターがアルバイトを選ぶポイント
    • 短期で完結して簡単に辞められるバイト
    • 比較的簡単で精神的に楽なバイト
  • ニートや半ニートの既卒フリーターが社会復帰するために本当におすすめできるアルバイト
    • 工場バイト:人と接する機会が少なくヒキニートにおすすめ
    • リゾートバイト:一人暮らしを体験しつつお金も稼ぎたいニート・フリーターにおすすめ
  • バイトの面接が不安なニートやフリーター(半ニート)が気をつけること
    • 面接時の服装=私服でOK
    • 見た目の印象を良くする|清潔感がある髪型・ヒゲは剃っていった方が無難
    • 質問にはなるべく大きな声でゆっくりと回答する
    • 履歴書に嘘は書かない
    • 履歴書の空白期間についての回答を準備しておく
  • だらだらアルバイトをする位なら正社員就職が良いよ
    • 1. アルバイトは正社員と比べて待遇が良くない
    • 2. アルバイトから正社員への道のりは簡単ではない
    • 3. アルバイト経験は就職活動で評価されないことも多々ある
    • 4. 気がつくとアルバイトから抜け出せない

何回も言いますが、アルバイト生活に馴染んでしまうとかえって社会復帰を遅らせる原因になります。アルバイトをしなくてもいきなり正社員就職の道を目指した方がお金の面でも時間の面でもメリットがあります。

とはいえ、いきなり正社員はちょっと…という人が「社会復帰のために短期間だけやる」「とりあえず簡単な仕事をしてみて自信を付けたい」という場合には良い選択肢であることは間違いありません。

目的を明確にして、期限を区切った上でアルバイトを始めてみるのであれば、社会復帰の大きな一歩となることでしょう。

この記事で紹介したおすすめバイト

工場バイト

 

工場ワークスで短期バイトを探す

 

リゾートバイト

 

リゾートバイト.comで短期バイトを探す

 

バイトではなく正社員就職を目指す人はこちら

ニート(無職)・フリーターがホワイト企業に正社員として就職する方法