【パワポ解説付き】就職Shopならニート・既卒フリーターでも就職成功!就職ショップの体験談を口コミ・評判を交えて伝えるよ

就職活動方法・就職ノウハウ
就職Shopを実際に使って就職しました!
この記事では、ニートからの脱却を目指す私が重い腰を上げてホワイト企業に就職する方法として、就職ショップを利用して感じた特徴やメリット、デメリットを紹介しています。

結論を少し言いますと「ニートやフリーターなら一度面談して損はない最初に利用すべき就職支援エージェント」です。

詳しくはレビュー記事をご覧ください。

就職Shopに相談する(無料)

 
就職Shopを使おうかどうか迷っている!本当に良い?

ネットで調べると「ブラック企業ばかり紹介される」「就職Shopはクソ!」みたいな口コミもあれば、「就職Shopはマジでおすすめだよ!」という良い口コミもあり、何が本当かわからなくなってしまうのではないでしょうか。

そこで実際いくつかの就職支援サービスを利用した経験から「就職Shopは使った方が良いよ!」と自信を持っておすすめできる理由を体験談を交えてお伝えしていきます。

Contents

【時間がない人向け】3分で理解!就職Shopの魅力を紹介!

 

就職Shopに相談する(無料)

 

【感想】親身なカウンセリングで就職活動の方向性が見える!

就職Shopを実際に利用してみた感想

私が実際に就職Shopを利用した感想を書きます。

  • 無職の気持ちを理解してくれる
  • 1時間以上にわたる人生相談レベルの親身な面談が受けられる
  • 自分の将来やりたいこと、何ができるかが明確になった
  • その結果、得意の英語が活かせる「IR」という職種を提案してくれた

正直就職Shopに行く前は「全然やりたいことないし、適当に企業を紹介されて終わりなんだろうな」と思っていました。

しかし実際に就職Shopに行ってみると、その期待は良い意味で裏切られました。クソみたいなニート人生を送っていた僕にもマジで親身に相談に乗ってくれました。

  • 人をスペックで判断するな!
  • 俺にだって良いとこあるぞ!
  • ただニート生活を送ってたわけじゃないんだ!

就職Shopに行く前にメタメタに自分の人生を否定されると思ってたので、ちょっとこんなことを反論しようと準備してたんですが、使う場面は全くありませんでした!

むしろ、僕が抱いているこんな思いに寄り添いながら就職活動の方向性を導いてくれる、そんなカウンセリングでした。

マジでカウンセラーさんはプロですw

無職の人の思いを理解した上で、人生相談レベルの親身な相談を受けることができると考えると、ニート・フリーターが最初に門を叩く就職支援エージェントこそ就職Shopだと言えます。

就職Shopの特徴・メリット4つ:ニート・フリーターは使うべき

就職Shopの特徴を4つ紹介

就職Shopはニートやフリーターが利用すべきだ!と言いましたが、その理由は、カウンセリングの質の高さに加えて以下のような特徴があるからです。

  • 就職Shopが100%取材した企業のみを厳選して紹介
  • 正社員経験がない人の登録が多い就職支援エージェント
  • リクルートブランドで豊富な職種と求人数を誇る
  • ゼロから面接を指導してくれてコミュ障でも安心できる

それぞれについて詳細に説明していきますね。

紹介されるのは就職Shopが100%取材した企業だけ

就職Shopは100%取材した企業のみ紹介

こういった就職支援サービスを利用すると、就職エージェント側は企業側が記入した求人票をみて「何となく合うと思う…」っていう感じで案件を紹介されるのが普通です。

紹介する企業が本当はどんな企業なのか?本当に求職者が希望する働き方ができる会社なのか?ということは全く考慮せず、条件に当てはまった会社をとりあえず紹介して終わりというベルトコンベアー形式のサービスなんですね。

しかし就職Shopは違います求職者に紹介するのは就職Shopが100%取材した企業だけを厳選してくれます。

これの何が凄いかというと、

  • 求人票に嘘偽りが無くなる
  • 企業の雰囲気など書類だけでは伝わらない実情を伝えてくれる
  • ブラック企業やダメな企業が排除される

ということにつながります。

簡単に言えば、求人票やキャリアコーディネーターが伝えてくれる企業イメージと実際に入社した時のギャップが少なくなるということです。

これにより入社した後に「こんなはずじゃなかった…」と思う確率がガクッと下がるんです。

ニート・フリーター専門(利用者の4人に3人が正社員経験なし)

就職Shopはニート・フリーター専門

就職Shopで就職に成功した人の4人に3人(75%)が正社員経験が1年未満の人たちです。就職Shopを利用した人の75%ではなく、就職に成功した人の75%というところがミソです。

これは就職Shopでは、全く正社員経験がなくても正社員として働ける案件を数多くもていることを意味しています。

この実績を見たからこそ私も就職Shopを使うことを決めました!

ニート専門やフリーター専門を謳っていたとしても実際は過去に正社員として働いたことが無いと採用されない企業ばかりを紹介してくるエージェントもありますからね。

就職Shopは本物のニート・フリーター専門の就職支援サービスと言えます。

豊富な職種と求人数

就職Shopは豊富な職種と求人数を誇る

就職Shopは大手人材会社のリクルートが運営している就職支援エージェントです。リクルートといえば、

  • 新卒市場:リクナビ
  • 中途市場:リクルートエージェント

と就職や転職など「人と企業を繋げる」ということに関しては抜群の知名度とノウハウ、独自のネットワークを持っています。

そのリクルートが運営する就職Shopだからこそ、他のニート・フリーター向け就職支援サービスより豊富な職種と求人数を用意することができているのです。

就職shopの職種と求人数

上記の表を見てわかるように、職種は営業が一番多いものの、事務やサービス系、電気・機械系など幅広い職種に就職が決まっています。またITからメーカー、商社からマスコミや金融に至るまでほぼ全ての業種を網羅しています。

自分の好みの職種や業界で働ける可能性が広がるだけでも就職Shopを利用する価値がありますね。

興味ない仕事に就きたくない…というこだわりを持っている人にこそ使って欲しいと率直に思います。

的を得た面接対策:書類選考なしだからこそ大切

社会人経験が少なく、ニート生活やフリーター生活が長い人が就職活動を行っていく上で必ずぶち当たる壁が「面接」です。

自分に自信が持てない人にとって、そびえ立つその壁は非常に高く感じることでしょう。特に就職Shopで紹介される企業は人物重視の採用を行う企業であるため書類選考がありませんから面接でいかに好印象を与えるかが合格の鍵です。

就職Shopならニートやフリーターが面接でつまづくポイントがわかっているので、一人一人に的確なアドバイスを送ってくれ「苦手な面接」を「得意な面接」に変えることができます。

就職Shopの面接対策

就職Shopの面接対策を受けた人の声

改めて自分を見つめ直すことができた。苦手意識をふっ飛ばすことができました。

細かい言い回しや、自分の意志の伝え方について適切に指摘して頂き、面接で自分の思いをしっかり伝えることができた。

今まであいまいだった、自分の就職にかける想いを明確にして頂き、面接でもスムーズに本心を伝えることができるようになりました。

面接における改善点を指導していただいたり、エピソードの掘り下げを行っていただいたことで、どう伝えればよいのか勉強になりました。

一人ではまとまらなかった話のし方や、考えのまとめ方など、社会人となる上でも大切なことを学ばせていただきました!

面接が苦手でいつもうまく話す事ができなかったけど、一緒に面接の練習をして頂き、克服することができました

模擬面接もしてもらい、自分ではなかなか気づかない自分の欠点をいい意味で変えてもらえた気がします。

このように就職Shopの面接対策を受けたほとんどの人が「良い方向に進んだ」「勉強になった」という感想を持っています。

実際私も受けましたが、かなり具体的な言葉使いやエピソードの伝え方を修正していただき、内定を勝ち取る大きな要因になりました。

 

就職Shopに相談する(無料)

 

就職Shopを利用するデメリット・残念なところ

就職Shopのデメリット3つ

就職Shopを利用して残念なところ・デメリットだと感じたところを3つ紹介します。全ての人を満足させる就職支援サービスはありませんから、自分がこれらのデメリットを受け入れられるかどうか、という視点でご覧ください。

  • 中高年のニート・フリーターには向かない
  • 大手企業の求人は少ない
  • 必ずしも希望する職種・業界の求人紹介を受けられるとは限らない

中高年のニート・フリーターには向かない(20代の若年層向けサービス)

中高年には向かず若年層向け

就職Shopは20代の若者を対象としたサービスとなっており、30歳以上の中高年が利用しても就職Shopがもつメリットを十分に引き出すことができません。

誤解がないよう言っておきますが、利用規約上は以下のようになっており中高年でも利用できないということはありません。

年齢制限はありますか?その他、利用条件がありますか?

「正社員になりたい」という若者が対象で、特に年齢制限はございません。

しかし就職Shopの利用者は9割が20代となっています。求人案件が未経験中心ということもあり、中高年向けの案件は非常に限られてしまうのが現実です。

就職Shop登録者の9割が20代

大手企業の求人は少ない(人物本位の選考をする中小企業が多い)

大手企業の求人は少なめ

就職Shopで紹介される案件の多くは従業員数が300人未満の中小企業が中心になります。これはデメリットとも言い切れないのですが、大手企業に就職したいという人にとってはマイナスでしょう。

「有名じゃないけど優良な会社」って実は日本に多いのですが、そういう隠れた企業を就職Shopが独自のコネクションで引っ張ってきています。

働くならとりあえず大きい会社が良い…と考えている人は就職Shopでは叶わない可能性が高いので、大手のDODAなりリクルートエージェントなりを使った方が良いでしょう。

ただし正社員経験がない、空白期間が長いと門前払いを受ける可能性が高いですし、手厚いサポートを受けられないことを理解した上で利用すべきです。

大企業ではないけれど「やる気のある若者がぜひ欲しい」という人物本位の選考をしてくれる採用意欲の高い中小企業が多いことを承知しておきましょう。

必ずしも希望する職種の紹介が受けられるとは限らない

これは利用者の経験やバックグラウンドに左右されるところが多いのですが、就職Shopがいくら幅広い職種や業界の案件を取り揃えていると言っても、必ずあなたの希望に沿える保証はありません。

特に人気の職種や業界ですと、ライバルが殺到しますので、その競争の中で勝ち抜かないと紹介すらされない仕組みになっているのです

就職Shop内選考フロー

就職Shop側が企業に紹介するかどうかを決める時点で、ある意味最初の選考は始まっています。就職Shopに頼れば希望する職種につけると思っている人は考えを改めましょう。

 

就職Shopに相談する(無料)

 

就職Shopはこんな人におすすめ

就職shopはこんな人におすすめ

就職Shopのメリット・デメリットを踏まえると、就職Shopはこんな人におすすめです。

就職Shopを利用すべき人

  • 自分がどんなところで活躍できるかイメージできていない人
  • 企業をただ紹介するだけでなくカウンセリングをみっちりして欲しい人
  • できるだけ早く正社員就職を成功させたい人

就職Shopは熱意のある若者と人物本位で採用意欲の高い企業を繋げるサービスですので、20代〜30歳くらいまでの年齢レンジであることは前提として話を進めていきます。

どんな業種・職種・勤務形態で働けば良いかイメージが湧かない人

経歴に自信がなく働くイメージがない人

自分の歩んできた経歴に自信がない人の中には「就職」と言っても、どんな業種・業界で働けるのかそもそもわからないから希望もクソもないという人もいるでしょう。

そんな人こそ就職Shopを利用すると良いです。

就職Shopのキャリアコーディネーターは、経歴について一切ネガティブには扱わず、どんなことに興味があり、どんなことをしたいのか?ということを一緒に考えてくれます。

キャリアコーディネーターとの面談時には何も準備をせずに臨んでもOK。きっと面談後には就職活動の方向性が見え、ワクワクした気持ちで就職Shopを後にすることでしょう。

企業紹介だけでなくカウンセリングを入念に行って欲しい人

カウンセリングをしっかりやって欲しい人

単に自分の希望を聞いて、その希望に沿った企業の案件紹介だけをする従来のベルトコンベアー式の求人紹介サービスは嫌だ、もっとカウンセリングをみっちりやって欲しいという希望を持つ人は就職Shopがぴったり。

就職Shopを私が利用した感想でも紹介したように、就職Shopでは1時間以上にわたる人生相談レベルでのカウンセリングを受けることができます。

正直就活を始めたばかりの頃は、わからないことだらけ、不安なことだらけです。

その疑問や不安を正直にキャリアコーディネーターに話せば、しっかりと話を聞いた上で親身に回答してくれます。

そしてしっかりとしたカウンセリングをした後で、今の自分が狙える企業を紹介してくれます。

できるだけ早く正社員就職したいニート・既卒フリーター・高卒・中退

できるだけ早く正社員就職したい人

できるだけ早く脱ニート・脱フリーターを目指している人がとりあえず使う転職支援サービスとしても就職Shopは優れています。

ニートやフリーターが一般の就職サイトやハローワークで就職活動をする時に何がハードルになるかというと、これは間違いなく「書類選考」です。

100社にエントリーしても面接に辿り着けないという人もざらにいます。

就職Shopでは、この大きなハードルである書類選考をすっ飛ばして、いきなり面接から始めることができます。

超えるべきハードルは面接のみとなりますので、そのぶん内定を貰える確率はかなり高くなるのです。

 

就職Shopに相談する(無料)

 

就職Shopの口コミ・評判→Twitterや5ch、2ch、WEBサイトを徹底調査!

就職Shopの口コミ評判評価を調査

ここからは他の就職Shopユーザーがどう感じているのか確認していただきたいと思います。低評価の口コミ・評判も集めましたので、ぜひ参考にしてみてください。

就職Shopの良い口コミ・評判

就職shopの良い口コミ・評判

GOOD面談では自分の職歴だけでなく、趣味なども含めて日常で行ってきたことなども聞かれました。そして趣味に合っているかもしれないといった理由から、自分の専門外だった会社の求人票の紹介を受けました。最初は紹介された内容にあまり乗り気ではなかったものの、模擬面接でキャリアコーディネーターの人が親身にアドバイスしてくれ、面接前の不安は和らぎました。その後は書類選考なしで面接日程が決まり、面接を受けに行って内定も決まりました。職場環境も悪くないし、自分の運が良かったのか、登録してから内定までの期間はおよそ1週間というスピードでした。思った以上に早く決まったので嬉しかったです。

GOOD就職ショップで紹介してもらった求人は地元の中小企業が多かったですが、比較的若者に優しいというか、未経験者の採用に前向きと思えるような求人は結構ありました。就職ショップの方が応募書類の書き方や面接時の対策なども無料でアドバイスしてくれましたし、新卒2年目の私にもきちんと求人は紹介してくれました。

GOOD大学4年生の時、就活がうまくいかず就活を諦めました。そして卒業後に就職ショップに行きました。人と話すのが苦手なので、先にそのことを話しました。しかし「話すのが苦手なのではなく、短くわかりやすく伝えるのが上手という事でもあるかもしれない」との短所を長所として見てもらえました。少しずつ前向きな気持ちになり会社を受けてみることにしました。就職ショップに行くと気が楽になり、未来を開くきっかけも作れると思います。

就職Shopの悪い口コミ・評判

就職shopの悪い口コミ・評判

BADもう6、7年前ですが、異業種で新しい職種に就くのは難しいと言われました。その時はそういうものか、世の中は厳しいなぁと感じていましたが、それから場数を踏み、今現在の実感としてはそんな訳ないと思います。

BAD最近はこういった若い人向けのサポートサービスが増えているけれど、過剰な期待は禁物です。正社員経験がないフリーターやニートとなると、採用する側の企業だって好条件で採用してくれる訳ではありません。また、ホワイト企業というよりはブラック企業も多く含まれている可能性が高いと思うので、本当にそこで働くかはきちんと見極めた方がいいです。

就職Shopの口コミ・評判まとめ

就職Shopの口コミ評判まとめ

就職Shopはやはりニートやフリーターの人からの評価は高かったです。

高評価の意見で多かったのが「親身に相談に乗ってくれること」です。私も実感したことですが、就職Shopのキャリアコーディネーターは皆寄り添ってくれるところが他の就職支援サービスと決定的に違う特徴と言えますね。

一方で就職Shopはダメだ!という口コミも所々見受けられました。

就職Shopを低評価している口コミとしては「担当者が威圧的」「求人がパッとしない」「正社員じゃない案件を出してくる」というものが多かったです。

ただその低評価の口コミを良く読んでみると、数年前の話だったり、そもそも狙う企業と就職Shopが得意としている企業との間にギャップが生じているケースだったりすることがわかりました。

  • 担当者が威圧的…数年前の話。もうそんな高圧的な担当者はいない。
  • 求人がイマイチ…大企業志望の人や有名企業狙いの人が感じるケースが多い。就職Shopの得意分野はどちらかと言えば優良中小企業
  • 契約社員案件を紹介…キャリアコーディネーターとのミスコミュニケーションだと推測される。普通に正社員案件が良いですと伝えておけば契約社員案件を紹介されることはない

このように就職Shopのサービスはお客さんからの要望や改善提案を受けながら常に進化していますから、ネット上に存在するマイナスの評価は真に受けることなく、自分の目で確かめることが大切ですね。

口コミ評判参考サイト

  • https://agent.jobmark.jp/ss-shop.html

 

就職Shopに相談する(無料)

 

就職Shop面談の流れ

就職Shopを利用する流れ

就職Shopを利用した就職活動は以下のような流れで進んでいきます。

就職Shopを利用した就職方法
  • 面談予約
    就職Shopのサイトから近くの店舗を探して面談予約を行います。
  • 個別面談
    就職Shopを訪問してカウンセリングを実施。その結果に基づき企業紹介を受けます。
  • セミナー・模擬面接
    就職Shopが主催するセミナーや模擬面接を通して合格の確率を高める準備を行います。
  • 企業との面接
    書類選考なしで企業との面接に臨みます。就職Shopでの模擬面接を思い出しながら頑張りましょう。
  • 就職決定
    企業から内定通知を受け取れば晴れて就職決定です。

尚、私はセミナーは受けませんでしたが、最初から最後まで就職Shopは全て無料で利用できます!

このようなステップを踏んで就職にこぎつけるわけですが、気になるのが就職Shopとの個別面談がどんな感じで進むのか?ですよね。実際に私の体験をもとに紹介していきますね!

【就職Shopの利用法①】webから近くの店舗に面談予約

まずは就職Shopのウェブサイトから面談予約を行います。面談予約は1〜2分でできますから僕のような面倒臭がりでも挫折しませんでした笑

公式サイトにアクセスして、以下の「面談予約に進む<無料>」を押します。

就職shopの面談予約方法

会員登録画面に移りますので、面談を受けたい場所や日時を選択の上、氏名や電話番号などの基本情報を入力して予約を確定しましょう。面談を受けられる場所は以下の10拠点です。

就職Shopの拠点

  • 就職Shopとうきょう(銀座)
  • 就職Shopしんじゅく(新宿)
  • 就職Shopきたせんじゅ(北千住)
  • 就職Shopにしとうきょう(立川)
  • 就職Shopヨコハマ(横浜)
  • 就職Shopちば(千葉)
  • 就職Shopさいたま(大宮)
  • 就職Shopおおさか(梅田)
  • 就職Shopこうべ(三ノ宮)
  • 就職Shopきょうと(四条)

予約が確定すると予約完了メールが届きます。面談当日まで就職Shopからの連絡は一切ありませんので予約した日時に就職Shopに向かいましょう。

持ち物は筆記用具だけでOK。服装は普段着でOK。特段準備は不要です。

【就職Shopの利用法②】就職Shopの個別面談

面談内容は一人ひとり違うと思いますので、あくまでも僕の場合の個別面談の体験談ということになってしまいますが、当日やったことをお伝えしますね。

  1. プロフィールシートの記入
  2. カウンセリング
  3. 求人紹介

ざっくりですがこの3つのパートに分けられます。

プロフィールシートの記入

まずはプロフィールシートへの記入を行います。

プロフィールシートを使ってカウンセリングを進めていきますので、プロフィールシートは嘘偽りなく記載することが大切です。

プロフィールシートの記載項目

  • 学歴とバイト経験を含む職歴
  • 今の就職状況
  • 希望する仕事内容
  • 資格やパソコンスキル
  • 仕事する上で重視すること
  • 仕事する上で心配なことや不安なこと
  • 得意なことや苦手なこと
  • 趣味や好きなこと

ニートやフリーターの方は職歴が一番書きづらいと思いますが正直に書けば良いです。就職Shopに来る人はみんな同じように職歴が華やかではないので全く心配する必要はありません。

カウンセリング

いよいよカウンセリングです。

カウンセリングでは基本的にプロフィールシートを見ながら書いた事項を掘り下げていくことで自分の強みや弱み、潜在的な願望などを探って来る感じでしたね。

正直私は自分に自信が持てず、何が強みか全くわからない状態で行ったのですが、過去の経験から「英語に抵抗がない」「小さな目標を立ててコツコツと実行していくのが得意」という強みを導き出してくれました。

求人紹介

最後に求人を紹介してくれます。

単に求人を紹介するだけでなく、「どんな企業なのか?」「どんな背景で人員を募集しているのか」「働いている人の雰囲気はどんな感じなのか?」と言った、他の就職支援サービスではわからないことまで踏み込んで話してくれました。

これによって、自分がその企業に入った時のことがなんとなくイメージできるんですね。紹介される職種についても資料を使いながら丁寧に説明してくれますから、これなら入社後に「話が違うじゃん!!」とギャップを感じることもないだろうなと。

紹介された求人に興味があれば実際に企業と面接することになりますので、その前に面接対策を受けておくと良いですね。

 

就職Shopに相談する(無料)

 

ニート・既卒フリーターが求人サイト経由で応募しても中途採用されない理由

ニート・既卒フリーターが求人サイトを使って就職活動をしても全く箸にも棒にもかからず書類選考で落ちます。求人サイトを利用した中途採用は厳しいです。

その理由はとてもシンプルで「ライバルが強い」からです。

職歴もスキルもある経験者がライバルになる

求人票に未経験歓迎と記載があっても実際のところは経験を見ている会社って多いのが現状です。

Aさん:職歴があるけどやる気はイマイチ
Bさん:職歴がないけどやる気がマックス
この二人がいた場合どっちが採用されるかというとAさんです。経験があった方が圧倒的に有利なんです。

未経験歓迎と書いてあったから応募したのに、面接で「えっ、君職歴ないの?」と聞かれることも珍しくありません。「そうだよ履歴書見りゃわかんじゃねぇか、バカ!」と言いたくなりますが、これが現実です。

未経験歓迎求人に応募したのに全然書類選考にすら通らなくて挫折してしまう、そんな人も少なくありません。

職歴もスキルもある経験者がライバルになるわけですから採用されないのもしょうがないかもしれません。

あなたが高学歴ニート・フリーターであれば話は別ですが、そうでなければ転職サイト経由で応募を重ねたとしても、書類選考を通る可能性は非常に低いです。

ニート・既卒フリーターは専門の就職支援サービスを利用すべき

じゃあどうすればいいのか?というとニート・フリーター専門の就職支援サービスを利用すべきなんです。

この就職支援エージェントから紹介される求人であれば、ニートやフリーターの人でも書類選考に合格する確率が高いです。

そもそも職歴が浅い人を取っても良いという採用意欲の高い企業と取引をしているので当然ですね。

ニートやフリーターで、どうしても書類選考が通らないという人は就職支援エージェント経由で応募すべきなのです。転職サイトで無駄に検索ばかりしている暇があるくらいなら今すぐ就職支援エージェントと面談をして案件紹介を受けるべきです。

じゃあどの就職支援サービスを使えばいいの?という時におすすめなのが当記事で紹介している就職Shopです。とりあえず就職Shopを利用しておけば間違いありません。

就職Shopを使う際の疑問

就職Shopを利用する疑問Q&A

最後に私が就職Shopを使う前に疑問に感じていたことをまとめておきます。

就職Shopはブラック企業ばかりって本当?嘘?

就職Shopの求人「経験は重視せず、人物本位の採用をしてくれる」ところなんて慢性的に人手不足のブラック企業ばっかりなんじゃないの?と思うかもしれません。

実際私も使うまでは「どうせブラック企業が多いんだろうなぁ」と覚悟していました。この点、登録面談の時にコーディネーターに直球で聞いてみました。

ぶっちゃけ書類選考なしの企業ってブラックなところが多いんじゃないですか?

そう思われる方は多いのですが、就職Shopでいわゆるブラック企業を紹介することはございません。なぜなら、就職Shopでブラック企業に就職した方がいらっしゃったとして、その方がすぐに辞めてしまったら、企業様からの報酬を返還しなければならないからです。

求職者様、就職Shop側双方にデメリットを発生させる求人を提案することはございません。

聞いて納得しましたが、ブラック企業を紹介してすぐに辞められるリスクを無理に取りに行く必要はないということですね。

中小の就職支援エージェントだと、このリスクを取ってでも求人を紹介しないと生き残っていけないけど、リクルートが母体の就職Shopは本当に優良な企業だけを紹介していくスタンスと理解しました。

実際僕が紹介された案件について話を聞いたところ、ブラック臭はしない会社ばかりでした。中にはブラックもあるかもしれませんので、事前にコーディネーターには「ブラック企業だったらすぐ辞めます」と宣言しておくと効果的です笑

就職Shopの内定率ってぶっちゃけどうなの?

就職Shopでは学歴や職歴に関わらず人物重視の選考ですので「やる気」があれば内定を勝ち取れる確率は高いです。

ただし面接で緊張してしまい全く話せない人は、十分にその魅力を伝えることができず不合格になってしまう方もいるようです。

そのような方については、丁寧に面接対策を繰り返し実施するなどの対策を取ってくれますので、「自分緊張しぃだからやめとこう」と思う必要はありませんよ。

ただし高齢の方、空白期間があまりにも長い人は難しい傾向にあります。感度を探るためにもまずは就職Shopのカウンセリングを受けてみましょう。

就職Shopはどのくらいの期間で正社員就職できるの?

書類選考がなく、いきなり面接になりますので早い人であれば1週間で内定まで出る人もいるそうです。

私は色々な企業を選り好みしていたこともあり2ヶ月程度かかりましたが、「応募→面接→内定」までは非常にスピーディーに事が進みましたよ。

就職Shopには統合失調症や「うつ」など持病は開示した方が良いの?

現状症状がかなり軽くなっていて働くのに支障がなければ開示しないのも一つの選択肢です。

就職Shop側は精神疾患の事実を知った場合には応募先の企業に伝えなければいけないので、もしかしたらマイナスに働く可能性があります。

しかし、またいつ発症するかもしれない、重度の疾患を患っているというのであれば、開示した方が後々もめることもなく無難でしょう。

就職Shopは何歳までサポートしてくれるの?30代、40代の中高年ニートでも大丈夫?

就職Shopは年齢制限はありません。

しかしコンセプトとしてやる気のある若者の就職支援を掲げている会社ですので、20代の案件が中心となります。

特に30代前半であればまだ芽はありますが、30代後半や40代になってしまうとサポートをお断りされてしまう可能性が高いでしょう。

入社後も相談に乗ってくれるって本当?

私が内定を受けた後に担当者に言われたことですが、万が一入社した会社がブラック企業だった場合には担当者に連絡をすれば企業との間に入って話をしてくれるそうです。

私が働いている会社は全然ブラックじゃなかったのでお願いすることはありませんでしたが、いざという時に頼れる相手がいるのは精神的に大きかったですね。

就職Shopは地方在住者でも利用できる?

就職Shopは地方に住んでいても店舗に来れるのであれば利用できます。

しかし就職Shopでは店舗がある都道府県+近隣の県の案件が中心になりますので、地方での就職を考えている人には向きません。

今は地方に住んでるけど就職を機に都会で働きたいという人にはおすすめです。地方から面談を受けに来る人は、面接を同日に入れてくれたりといった配慮もしてくれますよ。

就職Shopで紹介された案件の断り方を教えて?

率直に自分の思いを言って断るだけです。

就職Shopに行って紹介された案件が微妙だったらどうしよう…それをごり押しされんじゃないの?と思って躊躇している人もいるかもしれません。

しかし紹介された案件を断ったからと言って何が起きるわけもありません。むしろ何が気に入らないかを丁寧に聞いてくれ、より自分にあった求人案件を紹介してくれます。

就職Shopの内定を辞退したらどうなるの?

就職Shopで内定した求人を辞退しても特に何もありません。

私は3つの企業から内定をもらっていましたが、最終的には自分の意見を尊重してもらい2つの企業にお断りをしました。

たとえ一つの企業からの内定しかなかったとしても、自分に合わないなと思ったらその段階で断っても全然OKです。

就職Shopまとめ

  • 紹介企業は全て訪問済みで生の情報をもらえる
  • 書類選考がないので人を見てくれる企業ばかり
  • セミナーや面接対策が充実で自信が無くても大丈夫
  • コンサルタントとの面談がめちゃくちゃ親身で丁寧

一言で言えば「求人票に記載されていない企業の本当の姿」をコンサルタントから教えてもらえる就職支援サービス

すべての企業で書類選考が不要となっていますので、経歴にこだわらず「人採用」をしてくれる企業ばかり集まる仕組みができています。

ちょっとでも「就職を考えてみようかなぁ」と思っているニート・フリーターはぜひ無料のカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

対象者10代、20代のニート及び既卒フリーター
対象地域銀座、新宿、立川、横浜、千葉、大宮、大阪、三ノ宮、烏丸

 

就職Shopの公式サイトに行く

 

就職Shopの拠点マップ

就職Shopとうきょう(銀座)

就職Shopしんじゅく(新宿)

就職Shopきたせんじゅ(北千住)

就職Shopにしとうきょう(立川)

就職Shopヨコハマ(横浜)

就職Shopちば(千葉)

就職Shopさいたま(埼玉大宮)

就職Shopおおさか(大阪梅田)

就職Shopこうべ(神戸三ノ宮)

就職Shopきょうと(京都四条)

 

就職Shopの公式サイトに行く