ニート・既卒フリーター「派遣から正社員」の道はおすすめしない ※紹介予定派遣はアリ

社会復帰の選択肢
Percy
Percy

こんにちは!当サイトの管理人Percyです!

 

ニート・フリーターでいきなり正社員は怖いので派遣から正社員を狙うのはどうかな?と考えている人も多いでしょう。

 

しかし派遣から正社員になるのはおすすめしません。

 

この記事では、「ニート・既卒フリーターが派遣から正社員を狙うのはオススメしない理由と止むを得ない場合には紹介予定派遣を利用すべき」ということについてお伝えしていきます!

ニート・フリーターが派遣社員として働かないほうが良い理由

当サイトでは、ニートやフリーターが社会復帰する手段として派遣社員として働くことはおすすめしていません。その理由は色々あるんですが、主に以下の通りです。

【派遣をおすすめしない理由】

  1. 最長でも3年間しか働けない
  2. いつ首を切られるか分からない
  3. 派遣社員から正社員登用の壁は高い
CR
CR

それぞれ説明していきます。

理由①|最長でも3年間しか働けない

2015年に「労働者派遣法」という法律の改正がありました。これにより派遣の働き方が大きく変わることになりました。

  • 専門業務に関わらず派遣期間を原則3年を上限にする。
  • 3年目以降の派遣社員の処遇については雇用先が派遣会社へ直接雇用を依頼するか新たな派遣先を紹介しなければならない。もしくは派遣元での無期雇用とすること。

簡単に言えば、派遣社員が同じ就業先で3年を超えて働くのは難しくなったのです。

派遣期間を3年に制限するとともに、3年を超える場合には直接雇用に切り替えるか新しい派遣先を紹介しなければなりません。

よほど優秀であれば直接雇用という道もあるかもしれませんが、どの会社も人件費を削減している時代。3年ごとに使い捨てられていく未来しか見えません。

理由②|いつ首を切られるかわからない

派遣社員は契約上、3ヶ月ごとの更新となっていることが多いです。そうなると、会社が首を切ろうと思えば、3ヶ月ごとにそのチャンスはやってくるわけです。

正社員だとそう簡単にクビにはできませんが、派遣社員の場合には契約を更新しなければ良いだけなので、派遣社員はいつクビになるか分からないという不安を抱えながら働くことになります。

もし3ヶ月でクビになってしまったら、せっかく働く気になったのにいきなり挫折する羽目になります。。

理由③|派遣社員から正社員登用の壁は高い

派遣社員から正社員登用を狙って派遣社員から働こうと考えている人もいるかもしれませんが、その壁は想像以上に高いことを認識すべきです。

会社が派遣社員を受け入れている最大の理由は「人件費削減」です。

派遣社員でもできるある程度簡単な仕事をやってもらうことで、正社員がやるよりも安上がりになる。これが狙いです。

正社員になると福利厚生や社会保険料など会社負担となるコストが跳ね上がるんですね。なので中々正社員にはなれないのが普通です。

もし派遣社員から正社員になった前例があったとしても、「この人に長く会社にいてもらいたい」「この人を雇えば人件費以上のメリットがある」と思ってもらえなければ正社員として登用されるのは難しいでしょう。

ニートやフリーターが派遣社員として働く「やむを得ない」場面

ということで、当サイトでは、ニートやフリーターがあえて正社員になるのが難しい派遣社員として働き始めることを全く推奨していません。

しかし、「やむを得ず」派遣として働かざるを得ない場面もあると考えています。

  • どうしても正社員就職するのが怖くて社会復帰の一環とする場合
  • 正社員就職を目指しているが中々正社員として採用されない場合

この2つです。

場面①|社会復帰の一環

どうしても就職活動が怖い、面接がいやだ、いきなり正社員として働くのは想像できないという人は社会復帰の一環として派遣社員から始めるのも良いでしょう。

とはいえ、派遣社員と正社員の待遇の差は大きいですし、いずれは正社員として働くつもりがあるのであれば、正社員の就職を目指すべきと考えます。

上記の記事を読んでもなお正社員就職への恐怖心が消えない場合には派遣社員として働き始めることを検討しましょう。

場面②|正社員就職ができない場合

正社員就職を目指しているけど、年齢の問題などで中々正社員として採用されないという場合もあります。

正社員よりは派遣社員の方が採用されやすいのは事実なので、どうしても正社員就職できないという人は派遣社員から正社員を狙うのも一つの手です。

ニート・フリーターで派遣から正社員を狙うなら紹介予定派遣にしよう

どうしても「やむなく」派遣から働き始めるのであれば、「登録型派遣」ではなく「紹介予定派遣」を利用するようにしましょう。

紹介予定派遣って何?登録型派遣との違い

紹介予定派遣とは、簡単に言えば「正社員採用を前提とした派遣制度のこと」です。

派遣社員として最初は企業に派遣されるのですが、派遣社員として働ける最長期間は6ヶ月です。

6ヶ月が終了した後に、企業側と派遣社員側の双方が納得した場合には正社員として採用される運びとなります。

最長でも6ヶ月の間に企業は「正社員として採用するに足るか」、派遣社員側は「正社員として働くに足るか」を見極めます。

登録型派遣は最大3年間同じ企業で働くことができますが、紹介予定派遣では6ヶ月と派遣期間が短いことが最大の違いです。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣のメリットは以下の3点です。

【紹介予定派遣のメリット】

  1. ブラック企業を回避できる
  2. 正社員よりは入社難易度が下がる
  3. 期間が最長6ヶ月と決められている

メリット①|ブラック企業を回避できる

紹介予定派遣では、6ヶ月間の派遣期間を経て企業に正社員就職するかどうかを決めることができます。

もし派遣期間の間にその企業がブラックだと思えば6ヶ月経過後に断ればいいだけです。

そのため、ブラック企業を回避し、自分に合う文化の会社に入社することができます。

メリット②|正社員より入社難易度が下がる

紹介予定派遣では通常の派遣と異なり、書類選考や面接といった正社員就職と同じようなプロセスを経て派遣されることになります

なので、登録型派遣よりは入社難易度が高いんですが、正社員就職よりは採用されやすいです。

正社員にどうしても採用されない人でも十分紹介予定派遣に採用される可能性はあります。

メリット③|期間が最長6ヶ月と決められている

派遣期間が最長でも6ヶ月と聞いて「短いなぁ」と思うかもしれません。

しかし私たちニートやフリーターにとっては6ヶ月という短い期間がMaxとなっているのはメリットです。

なぜなら、無駄に派遣期間を過ごすリスクが低くなるからです。

正社員登用実績ありの企業に登録型派遣で就業したとしても、3年間働いた後に正社員として採用されない可能性は低くありません。

そうなると時間だけが経過し、正社員就職するのは年齢的な問題からさらに難しくなります。

紹介予定派遣のデメリット

一方、紹介予定派遣にもデメリットは存在します。

【紹介予定派遣のデメリット】

  1. 必ずしも正社員になれるわけではない
  2. 社員といっても契約社員となる可能性もある
  3. 紹介予定派遣の求人自体が少ない

デメリット①|必ずしも正社員になれるわけではない

紹介予定派遣は6ヶ月の派遣期間終了後に、企業側と派遣社員側双方の合意があって初めて正社員になれます。

いくら正社員になりたいと言ったところで、企業側に正社員として採用する意思がなければ正社員になることはできません

本当は正社員として働きたいという人にとっては6ヶ月と言えど無駄な時間を過ごすことになりますので、正社員求人に応募した方が良いと思います。

デメリット②|社員といっても契約社員となる可能性もある

また注意したいのが、「社員」といっても正社員ではなく契約社員となる場合もあることです。

契約社員も社員には違いないのですが、期間の定めのある雇用契約に基づく労働形態ですので、雇用契約を結ぶ相手が派遣会社から就業先の企業になるだけで、雇用の不安定さとい意味では変わりません。

デメリット③|紹介予定派遣求人自体が少ない

紹介予定派遣を募集している求人案件自体が少ないというのが最後のデメリットです。

「マイナビスタッフ」という派遣情報サイトで検索してみると、長期(3ヶ月以上)の派遣案件は1,677件ありました。

一方、紹介予定派遣を検索してみると359件と、その数は登録型派遣の5分の1程度しかありません。

中には自分に合った企業もあるとは思いますが、何れにしても選択肢は少なくなりがちです。

条件を細かくしていくとドンピシャの企業はほとんどなくなってしまうかもしれません。

ニート・フリーターが紹介予定派遣に応募する方法

ニート・フリーターが紹介予定派遣に応募する方法は、先ほど紹介した「マイナビスタッフ」などの派遣求人情報サイトから検索して応募するのが一番です。

マイナビスタッフでは、登録する際にカウンセリングも実施してくれるので、検索して具体的な案件を見つけられていなくても、カウンセリング時に希望を伝えることで一緒に案件を探してくれます。

大手のマイナビが運営しているだけあって、有名企業や学校求人など、他の派遣サイトでは扱っていない案件もあり、派遣を目指すならおすすめです。

マイナビスタッフ公式サイト

この記事のまとめ

  • ニート・フリーターが派遣社員として働かないほうが良い理由
    • 最長でも3年間しか働けない
    • いつ首を切られるかわからない
    • 派遣社員から正社員登用の壁は高い
  • ニートやフリーターが派遣社員として働く「やむを得ない」場面
    • 1. 社会復帰の一環
    • 2. 正社員就職ができない場合
  • ニート・フリーターで派遣から正社員を狙うなら紹介予定派遣にしよう

ニートやフリーターの方で派遣社員から正社員を目指そうと考えている人も多いと思いますが、この記事で説明したようにそれはおすすめできません。

やむを得ない事情がない限りは最初から正社員就職を狙った方が良いです。

正社員就職できるかどうかは就職支援サービスと面談を行えばすぐにわかりますから、まずは正社員就職の道を探ることをおすすめします。

【絶対に利用すべきエージェント】

【希望に合わせてもう1社選ぶ】